一つのマウスとキーボードを共有できるSynergyの使い方

synergy_app_can_be_sharing_mouse_and_keyboard_top

パソコンを2台以上持っている方ならマウスやキーボードをどちらのパソコンでも使いたいことってありますよね。CPU切替器を使えば可能ですが、Synergyはソフトウェアだけで簡単にマウス&キーボードの共有を実現してくれます。

ソフトウェアカテゴリ デスクトップツール
ホームページ(ダウンロード) Download ObjectDock 2.0 – FileHippo.com
ライセンス フリーソフト
プラットフォーム Windows
Mac
Linux(Redhat, Ubuntu, Debian,Fedora)
言語 日本語、英語、その他

基本的な使い方

まず、マウスとキーボードを共有したいすべてのパソコンにSynergyをインストールします。

synergy_app_can_be_sharing_mouse_and_keyboard_001

実際にマウスとキーボードをつないでいるパソコンでSynergyを立ち上げ Server にチェックを入れ Configure Server をクリックします。このパソコンが「サーバー側」になります。

synergy_app_can_be_sharing_mouse_and_keyboard_002

右上のディスプレイのアイコンを追加したい物理的な位置にドラッグ&ドロップします。

synergy_app_can_be_sharing_mouse_and_keyboard_003

ダブルクリックして、Screen Name のところに、任意の名前を付けて入力しておきます。

synergy_app_can_be_sharing_mouse_and_keyboard_004

マウスとキーボードを共有したいパソコンのSynergyを立ち上げ Client にチェックを入れ、Server IPサーバー側のSynergyに表示されているIPアドレス(太字のところ)を入力します。

synergy_app_can_be_sharing_mouse_and_keyboard_005

Edit>Settings から設定画面を開き、Screen Name のところに先ほどつけた任意の名前を入力します。

どちらも設定できたら、右下の Start ボタンを押して共有を開始します。

注意点

一般的な家庭用ネットワークであれば、パソコンのIPアドレスは時々変わります。共有ができなくなったときは、サーバー側のIPを確認して、クライアントと変わってしまっていないかチェックしてください。

共有がうまくいかないときは、クライアントのFile>QuitでSynergyを終了し、起動しなおしてみてください。また、64bitバージョンに不具合があるという情報もあるので、32bitバージョンが無難かもしれません。


Warning: include(social-footer.html): failed to open stream: No such file or directory in /home/phase1/lifedesignedit.com/public_html/contents/themes/ldestylesheet/post-formats/format.php on line 50

Warning: include(): Failed opening 'social-footer.html' for inclusion (include_path='.:/opt/php-5.6.30/data/pear') in /home/phase1/lifedesignedit.com/public_html/contents/themes/ldestylesheet/post-formats/format.php on line 50

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です