ファッションナレッジ:スラックス

ファッションナレッジ:スラックス

ファッションナレッジシリーズ第2回目は前回のシングルテーラードジャケットにつづき、同じくスーツでお馴染みのスラックスについてです。

ベルトループ スラックスのディテール(各部の名称、寸法)
サイドポケット
クリース(センタープレス)

フィッティング

上の右の絵はスラックスをクリースのラインで折りたたんだ時の横から見た図で、各部分でのパンツの幅でシルエットが決まります。

①ウエスト
ウエストは手のひらが入るくらいに合わせます。大きすぎるとベルトを締めた時にシワができ、小さすぎるとプリーツ(タック)やポケットが開きます。
②わたり幅
股下の高さでのパンツの幅です。
③ひざ幅
膝の部分でのパンツの幅です。
④裾幅
裾部分の幅です。靴との収まり具合も確認するといいです。

パンツの幅というのは、ウエストから裾にかけて細くなっていきますが、ひざ~裾にかけてより絞られたものがテーパードパンツと呼ばれています。

ディテールのバリエーション

クッション
靴を履いて立った時の裾のあたり具合です。スタイルにより裾丈を決めます。
full_break half_break no_break
ワンクッション ハーフクッション ノークッション

ワンクッションを基本に、クッションが少なくなるほど、スポーティ(カジュアル)になります。ジャケパンスタイルの場合など、足元に軽さを出したいときは、ダブルでノークッションが定番です。

plain_bottoms cuffed_bottoms angled_bottoms
シングル ダブル モーニングカット

ダブルよりシングルのほうがよりドレッシー(フォーマル)です。ダブルはジャケパンスタイルのときによく似合います。モーニングカットは、後ろ側が長くなるようななめにカットされた形で、モーニングコートのスタイルの時に使われることから日本ではそう呼ばれています。ダブルの幅は4cmが標準で、身長が高ければもう少し広くするとバランスが取れます。

サイドポケット
スラックスの場合主に2種類です。
vertical_pocket slanted_pocket
バーティカル・スリット フォーワードセット・スリット

バーティカルは横の縫い目のラインと同じ部分にポケットの開き口があります。バーティカルのほうがよりドレッシー(フォーマル)になります。

プリーツ(タック)
プリーツがある方が腰と太もも周りにゆとりができます。スリムなシルエットの場合ノープリーツが多いです。
no_pleat pleated
プリーツなし プリーツ有り(2プリーツ)

裾仕上げがシングルかダブルかが、大きな違いだと思います。どちらがよりドレッシーかを知ることで、ジャケパン用のスラックスはダブルで、ダークスーツはシングルで仕上げるなど、場面に応じて使い分けてみてください!


Warning: include(social-footer.html): failed to open stream: No such file or directory in /home/phase1/lifedesignedit.com/public_html/contents/themes/ldestylesheet/post-formats/format.php on line 50

Warning: include(): Failed opening 'social-footer.html' for inclusion (include_path='.:/opt/php-5.6.30/data/pear') in /home/phase1/lifedesignedit.com/public_html/contents/themes/ldestylesheet/post-formats/format.php on line 50

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です